創業1979 年  自動車オプションパーツの開発・製造・販売
HOME ご注文方法 買物カゴ確認 決済方法 運 賃 会社案内 お問合わせ
■ご案内
弊社商品の取付サービスを実施している店舗をご紹介しています。
・取付け店の紹介
・取付サービス店募集
■カーナビ関連
走行中のテレビ視聴
TOYOTA
メーカーOP
ディーラーOP
DAIHATSU
メーカーOP
ディーラーOP
HONDA
メーカーOP
ディーラーOP
SUZUKI
メーカーOP
ディーラーOP
SUBARU
-----
ディーラーOP
■アクセサリー
速度警報器 SPCM50
速度警報器 SPCM10
速度警報器 SPCM3
パルスコンバータ
分周器
 
コンパレータ
RPM 回転スイッチ
SPD2 速度スイッチ
 
 
ウィンドウコンパレータ
RPM2 回転スイッチ
DCV 電圧スイッチ
 
 
 
■ご注文方法
お申し込み方法
決済方法
送料・手数料
訪問販売法に基づく表示
お問合わせ
 
 速度警報装置  SPCM 50
 走行速度を計算して、設定速度を超えるとチャイムを鳴らして内蔵リレーをONする装置です。このリレー接点を利用して、外部装置を動作させたり信号を送る事ができます。
 車速の設定は、ディップスイッチにより1km/h単位で250km/hまで設定できます。
 設定モードより車速パルス数の設定ができます。
2・4・8・10・25パルスを選択できます。
 ヒステリシス設定モードで、ONとOFFの速度に差を付けることができます。
 
【 ここをクリックすると [ チャイム音] が聞けます。 】
 
*** 他に2種類の速度警報があります。 ***
SPCM3 ディップスイッチにより1Km/H単位で250Km/Hまで設定できます。
SPCM10 低速/高速の2箇所でチャイムが鳴ります。
商  品 品 番 電源電圧 入 力 価 格   No.
速度警報器
SPCM50
SPCM50-12 12V パルス
¥15、000
(税込 \16,200)
876
SPCM50-24 24V 875
オプション リレーセット OPRL12135 12V  
935 円
(税込 \1,010)
12
オプション リレーセット
車載用パワーリレー
松下電工 ACA12135
接点仕様 DC12V 20A
コイル仕様 DC12V
 
コネクタ
F端子  4ピン
 注意
速度警報器内蔵リレーの接点に、電流負荷が大きい場合は、接点容量の大きいリレーを追加してコントロールしてください。
 
チェンジマン内蔵のリレーは、接点電流3A以内でご使用ください。
 
 
項 目 説 明
配 線
 配線は、電源線2本と車速信号線の合計3本です。
車速信号は、ナビゲーションや、メーターパネル、エンジンコンピューターなどから分伎して配線してください。
ご注意 
 配線は、間違い無く確実に行ってください。車輌側のシステムを破損したり、最悪の場合は配線が燃える事もありますので、十分注意してください。
   
ハーネス 信 号 名   ハーネス 信 号 名
赤色 +12V〜24V電源   茶色 ブザー出力
黒色 アース   青色 リレーA接点(ノーマリーオープン)
黄色 信号入力   橙色 リレーC接点(コモン)
白色 ブザー出力   緑色 リレーB接点(ノーマリークローズ)
 
各項目の設定手順例 (パルス数のセット)
1) 電源OFFでディップSWを [000] にセットします。
2) 電源をONするとLEDが点滅します。
    パルス数設定モードになります。

3) 希望の数値をセットします。
      たとえば、8パルスの場合は、 ディップSWを [008] にセットします。

4) そのまま、しばらく待つとLEDが点滅から点灯に変わります。
     これで、メモリへの書き込みが完了します。
5) 電源をOFFにしてください。
     設定は、終了です。
  速度の設定
   ディップスイッチにより設定します。
    100位・10位・1位 X 1km/hになります。
モニターLEDについて
  モニターLEDは、車速パルスのHi/Low により点滅しますので、
 配線のチェックにご利用ください。
  低い速度で走行しますと点滅が確認できます。(5km/h以下)
各種の設定手順
  項  目 電源 ディップSW LED 備   考
パルス数のセット OFF 0 0 0 消灯  
ON   点滅  
ON 0 0 8 点滅 8パルスの場合
ON   点灯 しばらく待つと
OFF   消灯 設定は完了です。
  項  目 電源 ディップSW LED 備   考
ヒステリシスのセット OFF 7 0 0 消灯  
ON   点滅  
ON 0 0 5 点滅 5km/hの場合
ON   点灯 しばらく待つと
OFF   消灯 設定は完了です。
(注)ヒステリシスは、1Km/H 以上に設定してください
0Km/H に設定すると、切り替わり付近でチャタリングを起こす事があります
速 度 設 定
  項  目 電源 ディップSW チャイム 備   考
運 用

速 度 設 定
OFF 0 2 0 OFF 20km/hの場合
ON   OFF  
ON   ON 速度が20km/を超えた時
 運 用
 速度をセットしてご使用ください。設定速度を超えますと「キン・コン・キン・コン」とチャイムが鳴ります。
 設定は、いつでも自由に変更できます。
 エラーについて
1) エラーになりますと、LEDが点滅します。
2) 通常の使用で、電源をONした時にLEDが点滅した場合は、メモリーのデーターが壊れていますので、初期設定
   を行ってください。
3) 速度の設定が250km/hを超えるとエラーになります。
4) 設定速度が、ヒステリシス速度以下に設定されるとエラーになります
用 語 説 明
ヒステリシス動作とは

チャイムがONになる速度とOFFになる速度がオーバーラップするように動作させる事です。
チャイムのON/OFFを繰り返すチャタリングを防止する為の機能です。
 
-------------- 速度警報器(SPCM50)及びチェンジマンSPD2の応用例 ----------------
設定値を超えると、制御機器をONにする。 設定値を超えると、ライトをONにする。 サイドブレーキ戻し忘れ警報に応用、サイドブレーキを引いたまま6km/hを超えるとブザーを鳴らす。
入力信号にピックアップセンサー を使用する事も出来ます。
センサーは、オムロン近接センサー(E2E-X3D□-U)などを使用することができます。

 ご連絡いただきましたら、対応させていただきます。
フォークリフトのリムボルトから近接センサーで回転を拾いチェンジマンで警報を出す。
タイヤ径とリムボルト数をご連絡いただきましたらプログラムを変更させていただきます。
入力信号に近接センサー を使用する
 その他の応用例
 速度警報・ダンプ車のベッセル上昇走行防止・ダンプ帆立走行防止・フォークリフト速度警報・ヘッドライトコントロール・ワイパーのコントロール・天井クレーンの速度警報・散水車のバルブ制御・工場内車両の速度制限・サイドブレーキ戻し忘れ警報など
 
有限会社 中央電子設計          TEL:0566-42-3301  FAX:0566-42-1660
Copyright(C) 2000 CEP.Co.,LTD.    All rights reserved